最新情報

アニメコミュニケーション!アニメ情報をお届け!リレイション!アニメーションスタジオと連携して宣伝を行う会社『RELATION』が提供する最新情報EXPRESS

舞台『宇宙戦艦ティラミス』出演キャスト &公演スケジュール発表!最速チケット先行は 6 月 8 日より開始!

現在好評放送中の TV アニメ『宇宙戦艦ティラミス』に続き、衝撃の舞台化が決定した、 舞台『宇宙戦艦ティラミス』。出演キャスト情報と公演スケジュールを公開いたしました!今回出演が決定したのは、最新汎用人型兵器【デュランダル】のコックピットにひきこもってばかりの 天才エースパイロット、スバル・イチノセ役:校條拳太朗。 スバルの兄で、敵対する宇宙移民組織「メトゥスの民」幹部である、イスズ・イチノセ役:高本学。 スバルの兄貴的な存在でもある熱血的パイロット、ヴォルガー・ハマー役:上田悠介。 スバルのコピー生命体の突然変異体で、スバルとその愛機【デュランダル】に執着心を見せる、スバル B 役:伊藤孝太郎。 「宇宙戦艦ティラミス」艦長の愛娘、リージュ・ルロワ役:藤本かえで。 そして、「宇宙戦艦ティラミス」の艦長、ヴェンチュリー・ルロワ役:磯貝龍虎の出演が決定。 個性的なキャラクター達で知られる本作ですが、「シゲルコ・ホンダ」「陰毛」「パッカー」といった、 原作おなじみのキャラクターは果たして登場があるのか・・・、続報をお待ちください。   個性豊かなキャスト陣と、脚本:なるせゆうせい、演出:米山和仁(劇団ホチキス)が織りなす、 全宇宙待望の舞台『宇宙戦艦ティラミス』は、2018 年 7 月 25 日(水)~31 日(火)、シアターサンモールにて東京公演、8 月 11 日(土)~12 日(日)、ABC ホールにて大阪公演を行います。最速チケット先行は 6 月 8 日(金)よりスタート! ますます注目の、舞台『宇宙戦艦ティラミス』。今後の最新情報に是非ともご期待ください。   【公式サイト】: http://tiramisu-stage.com/ 【公式 Twitter】: https://twitter.com/tiramisu_anime   出演キャスト情報   スバル・イチノセ 役  校條拳太朗(めんじょう けんたろう)<主な出演作品> ・ミュージカル『薄桜鬼 志譚』土方歳三 篇 ・2.5 次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ【ツキステ。】 ・GEKIIKE 本公演第 9 回「漆黒ノ戰花」   イスズ・イチノセ 役  高本学(たかもと がく) <主な出演作品> ・舞台「DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD」 ・ミュージカル「ヘタリア」シリーズ ・舞台「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『JOKER TRAP』」   スバル B 役  伊藤孝太郎(いとう こうたろう) <主な出演作品> ・舞台「メサイア」シリーズ ・「ダイヤの A」TheLIVE シリーズ ・舞台「天元突破グレンラガン~炎撃篇~」其の弐 其の参   リージュ・ルロワ 役  藤本かえで(ふじもと かえで) <主な出演作品> ・『黒蝶のサイケデリカ THE STAGE』 ・舞台『AZUMI 幕末編』 ・BS ジャパン ドラマ「真夜中の百貨店 ~シークレットルームへようこそ~」   ヴォルガー・ハマー 役  上田悠介(うえだ ゆうすけ) <主な出演作品> ・「ダイヤの A」TheLIVE シリーズ ・ミュージカル『テニスの王子様』2nd SEASON ・ミュージカル「ヘタリア」シリーズ   アンサンブル  正木航平(まさき こうへい) <主な出演作品> ・舞台「文豪ストレイドッグス」 ・舞台「大正浪漫探偵譚-六つのマリア像-」 ・朝劇 西新宿【愛の回転式】   ヴェンチュリー・ルロワ 役  磯貝龍虎(いそがい りゅうこ) <主な出演作品> ・ミュージカル「ヘタリア」シリーズ ・『ハンサム落語』シリーズ ・舞台『北斗の拳』 -世紀末ザコ伝説-     チケット情報   料金:7,900 円(全席指定 ・税込) ※未就学児入場不可 ※営利目的の転売禁止 ◆最速チケット先行 : http://eplus.jp/tiramisu-stage/ [受付期間] 6月8日(金)18: 00 ~ 6月12日(火)23: 59 ◆一般発売  7 月 1 日(日)10:00~ <チケットに関する問い合わせ> 公演事務局 0570-200-114(10:00~18:00)   『宇宙戦艦ティラミス』 あらすじ 宇宙暦 0156 年、地球連邦と宇宙移民との抗争は激化していた。 戦局を打開する為、地球連邦は宇宙戦艦「ティラミス」を出航させる――。 ティラミスの若きエース、スバル・イチノセは、眉目秀麗、成績優秀な天才パイロット。 ......だが彼の真の姿は、ティラミス艦内の集団生活に馴染めず、 いつも専用機・汎用人型機動兵器デュランダルのコックピットに ひきこもってばかりいる奴で......。孤独のコックピットギャグ、出撃!!   公演情報 ◆公演タイトル:舞台『宇宙戦艦ティラミス』 ◆公演日程: [東京公演] 2018 年 7 月 25 日(水)~31 日(火) [大阪公演] 2018 年 8 月 11 日(土)~12 日(日) ◆会場 [東京公演] シアターサンモール (〒160-0022 新宿区新宿 1-19-10 サンモールクレスト B1) [大阪公演] ABC ホール (〒553-8503 大阪市福島区福島 1 丁目 1 番 30 号)   ◆キャスト スバル・イチノセ : 校條拳太朗 イスズ・イチノセ : 高本学 ヴォルガー・ハマー : 上田悠介 スバル B : 伊藤孝太郎 リージュ・ルロワ : 藤本かえで アンサンブル : 正木航平 ヴェンチュリー・ルロワ : 磯貝龍虎   ◆脚本:なるせゆうせい ◆演出:米山和仁(劇団ホチキス) ◆原作:宮川サトシ 伊藤亰(新潮社「くらげバンチ」連載) ◆企画・プロデュース:4cu     【公式サイト】: http://tiramisu-stage.com/ 【公式 Twitter】: https://twitter.com/tiramisu_anime 【コピーライト表記】©宮川サトシ 伊藤亰・新潮社/「宇宙戦艦ティラミス」製作委員会 ©舞台「宇宙戦艦ティラミス」製作委員会

レオン、クイニー、ダグが搭乗する MOEV のテラロイドモードを初公開! そして、第 10 話あらすじ・場面カット&西沢幸奏さんの新挿入歌情報解禁!

第9話では、津田健次郎さんが演じるメインキャラクター【ダグ・ホーバット】が搭乗する機体「P2」がテ ラロイドモードに変形しました! そこで、河森総監督がデザインし、作中で主人公たちが搭乗するメカ・MOEV(モーヴ)の情報を集約した【メ カビジュアル】ページを公式 HP にて公開しました! 今後も公式 Twitter : https://twitter.com/unit_pandora で最新情報をお届けしていきます。どうぞご期待ください。   <河森総監督がデザインを担当したメカ・MOEV(レオン機・ダグ機・クイニー機)のビジュアルを初公開!>   第 9 話の放送で遂にダグが搭乗する MOEV の変形シーンが公開されました! これに付随し、主人公たちが搭乗するメカ・MOEV(モーヴ)の情報を集約したメカビジュアルを初公開! これまでに登場したレオン機・クイニー機・ダグ機の 3 種類の MOEV のメカニックビジュアルをご覧いた だけます! デザインは河森総監督自らが担当しています! ビークルモードがテラロイドモードへ変形する3段階のデザインビジュアルも掲載中! 迫力満点の内容になっています、是非ご覧ください! 【メカビジュアルページ URL】: http://www.project-pandora.jp/mechanic/   <P1(レオン機) >     <P2(ダグ機) >     < P3(クイニー機) >   <第 10 話あらすじ&場面カットをご紹介>>   B.R.A.I による事件を背後で操っていたのは、Mr.ゴールドだった。 かつてネオ翔龍の実力者であった彼の一族は、姫によって不正を暴かれ失脚。 それゆえに姫に深い恨みを抱いていた。そして、新たな B.R.A.I の影がネオ翔龍に迫る。 戦に苦慮するパンドーラたちのなか、重い眼差しで敵を見つめるグレンがいた......。 《スタッフ》 脚本:根元歳三 絵コンテ:清水聡 演出:北川正人 作画監督:坂本俊太・高秀国男・武内啓・服部憲知・吉川美貴・安彦英二     <第 10 話の挿入歌に、西沢幸奏さんの歌う「New Generation」が決定!>   第 10 話の挿入歌が、西沢幸奏さんの歌う「New Generation」に決定しました。 そして、放送に先駆けて西沢幸奏さんからコメントが到着! どうぞご期待ください!   <『New Generation』楽曲情報> 作詞:西沢幸奏 作曲/編曲:WEST GROUND 歌:西沢幸奏     <西沢幸奏さんコメント> 「New Generation」は、自分のような若者、 つまりこれからの時代を築いていく「新世代」へ贈る応援歌です。 やりたいことを自由にやっていくには、若さという壁が立ちふさがるけれど、 その若さを武器に変えて夢を叶えていこう!というメッセージを込めました。 今までの曲よりも英詞を多くしましたが、デジタルサウンドとの相乗効果で、 前のめりなスピード感を生み出せたと思います。 映像とどう融合するのか、注目していただけたら嬉しいです。   <公式サイト> : http://www.project-pandora.jp <公式 Twitter> : https://twitter.com/unit_pandora

第 9 話 あらすじ & 中島 愛さんの挿入歌速報!

【第9話「虎の目」】   《あらすじ》 チーム・パンドーラ発足式典のさなか、姫が凶弾に倒れた。 ダグの事件への関与を疑うレオンたちは、その行方を捜索する。 一方、ケインはかつて苦汁を飲まされた一発必中の凄腕スナイパー、「虎の目」のことを思い出していた。 そして、ダグこそが「虎の目」だと確信するが、ならば姫の暗殺を失敗するはずがない。 はたして姫の運命は、そしてダグの真意とは......?   《スタッフ》 脚本:大野木寛 絵コンテ:西沢晋 演出:球野たかひろ 作画監督:大久保義之・田中穣         <第9話の挿入歌は、中島 愛さんが歌う「悲しみと共に」に決定!>   第9話の挿入歌が、中島 愛さんの歌う「悲しみと共に」に決定しました。 そして、放送に先駆けて中島 愛さんからコメントが到着! どうぞご期待ください!   <『悲しみと共に』楽曲情報>     作詞:岩里祐穂 作曲:H ZETT M 編曲:H ZETTRIO 歌:中島 愛       <中島 愛さんコメント> どうしようもない悲しみに出会うのも 心が引き裂かれるように痛むのも 生きているからこそだと、 この作品はそっと語りかけてくれます。何かを消そうとも変えようともせず、ただそのままを携えて生きる。とても難しいことですが、とてもシンプルだとも思います。静かで力強いメッセージが、どうか届きますように。 中島 愛     <公式サイト> : http://www.project-pandora.jp <公式 Twitter> : https://twitter.com/unit_pandora    

河森正治展」アニメイトオンリーショップ開催中!5 月 19 日(土)に実施した河森総監督トークショーの模様をお届け!

「現在、アニメイト秋葉原とアニメイト広島では「河森正治展」オンリーショップが開催中!このイベントを 記念し、5 月 19 日(土)にアニメイト秋葉原にて河森正治総監督によるトークショーが実施されました。     <満員御礼!河森正治総監督が登場!>   5 月 19 日、アニメイト秋葉原にて河森正治総監督によるトーク ショーが実施されました。拍手で迎えられた河森総監督はご挨拶 のあと、司会を務めるアニメイトの人気店員・内田裕也さんによ る『重神機パンドーラ』の主人公レオン・ラウのコスプレを絶賛。 和やかな雰囲気の中でトークショーは始まりました。         <河森総監督が語るクイニ―の魅力>   今回、本作のメインキャラクターのひとり、クイニー・ヨウを描く第6話放送後ということで、河森総監督 には彼女の魅力についてから語っていただきました。 クイニーは己と戦いながら武道を極めるストイックな存在ですが、本来は甘いものや可愛いものが好きだと いう女の子らしい一面もある、ということを大事にされているそうです。そんなクイニーを演じるのは、花 澤香菜さん。振り幅のあるキャラクターを演じていただくための抜擢で、アフレコでは彼女の魅力を最大限 に引き出していただいていると語りました。このほか、河森総監督が中国で太極拳の名人に「体のパスワー ドを解かれる」ように体重をもろともせず吹き飛ばされた不思議体験についても語られ、キャラクターひと つを取っても河森総監督の実体験が活かされているということでした。 また、クイニーが搭乗する機体のデザインについて聞かれると、「飛行機は何十年も(デザインし)続けて きたので、もうやらないかなと思っていた」と答えて会場を笑いに誘い、「最近ドローンの認知が広がって きたので他にやられる前にやろう!」とデザインを選定するにあたっての遊び心も披露しました。内田さん の「テラロイドモード(人型)は見事な曲線美です」という言葉には、女性らしいプロポーションを実現で きるように、最初の形態のデザインから意識されていたそうです。 そして、いよいよダグにスポットが当たる第8話について河森総監督はダグの二面性と津田健次郎さんの演 技にご注目ください、とコメントをしました。     <河森正治総監督 Q&A>   今回は特別に Twitter で集まった質問に答えていただくコーナーを設けました。 最初に「デザインにブロックを使う理由とは?」という質問について、河森総 監督は「絵の具などの画材と同じ」だと答え、変形する際の頑丈さや無駄の無 さを確認しながら進めるのに役に立っているということでした。 「今いちばん気になっている海外の場所は?」という質問には「アフリカの奥 地」と冒険心を露わにする河森総監督。取材旅行での経験は各作品の細部にま で反映されているそうです。 「河森総監督にとってのテレビシリーズと劇場版の違いとは?」という質問に は、「上映時間や画面の大きさなどが違うのでまったく別のものとして考えて います」と答え、そのためストーリーやキャラクターの見せ方も大幅に変わっ ていくと語りました。「歴史上の出来事と同じで、ひとつのエピソードについ て異なる視点から描く」という自作に対する考え方についても披露しました。 イベントの最後に、河森総監督は「これからも盛り上がっていく『重神機パンドーラ』に引き続きご注目く ださい。本日はお集まりいただきありがとうございました!」と集まった方々に感謝の意を述べ、会場は拍 手に包まれて終演となりました。 河森総監督のデザインや作品に対する考え方が披露された今回のイベントは、会場満員の大盛況に終わりま した。「河森正治展」アニメイトオンリーショップは、アニメイト秋葉原とアニメイト広島にて 5 月 27 日 (日)まで好評開催中。また、アニメイト O.N.SQUARE(大阪日本橋店)とアニメイト小倉でも、6 月 1 日 (金)から6月 10 日(日)までの期間で開催いたします。そして、6 月 3 日(日)にはアニメイト O.N.SQUARE でも河森総監督のトークショーを開催予定。どうぞ引き続きお楽しみください。         【アニメイトオンリーショップ HP】 : https://www.animate.co.jp/onlyshop/191119/         <公式サイト> : http://www.project-pandora.jp <公式 Twitter> : https://twitter.com/unit_pandora      

    5 / 20«...34567...10...»
  • ツインエンジンバナー
  • コロリドバナー
  • ジェノスタバナー
  • レヴォルトバナー